大人の為の長崎寿司処
カテゴリ
今日のおすすめ
お品書き
地図&インフォメーション
大将日記
以前の記事
<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
theインターナショナル寿司屋 ”マサル”!!
英語版メニューでけたよ!!
b0159585_14471494.jpg
最近、まさるに外国からのお客様が結構多いんです。
何でかな?って思っていたんですけど、ある常連様から「麹屋町にある、ホステルあかりさん知ってるね?」とお聞きして「外人さんが選ぶ日本で一位のホステルらしかばい!」とさらにお聞きして「ちゃんと大将営業にいかんば!」と叱咤されやした。
そこで、常連裕二兄&淳子姉ご夫婦にメニュー作ってもらい挨拶に行って参りました!

「ホステルあかり」さんは、中島川沿いの「慶華園」さんの同じ並びに御座います。
b0159585_151990.jpg
出入り見てたらやはり外人さん多いですね!
出来て2年弱なのに日本一になるホステルなんだから、「いいオーナーさんやろうな?」と思いつつ挨拶に伺うとホステルは、岸川さんご夫婦でなさっているそうです。
お二人とも優しい方で、23年板前しか知らない営業始めての大将の話を良く聞いて頂きました。
今度はランチの英語版お持ち致しますんで、よろしくお願い致します!

と言う事で頼みますぜ、裕二兄に淳子姉!!(笑)

今日のブログは、まさるの店内の紹介と、今週のお勧めの紹介ですぜ!!

まさるの小さなお庭のホオズキも、そろそろ枯れ始めてきて秋の風を感じます。
b0159585_15165682.jpg
中通り商店街の中にあるまさるは、銀屋通り曲がってすぐです。
b0159585_1519075.jpg
店の入り口です。
b0159585_15193895.jpg
中に入るとまず大将が立っているカウンターとお品書きが見えます!
b0159585_15214596.jpg
b0159585_15215457.jpg
戦国武将が書いた、お礼状みたいに上手ではありませんが、一応大将が1杯引っ掛けて「酔拳」で書いたお品書きです(笑)
上の欄のお品書きは1年通して定番ですが、下の欄のお品書きは3ヶ月に1回書き換えます。
魚の旬は大体2、3ヶ月続くからです。
お品書きには、値段が打ってありますから、安心してご注文下さい。

店内にはその他に、大将の為にお客様に書いて頂いた”額縁”や、女将さんがドライ・フラワーを投げ入れした”壺”があります(笑)
b0159585_15444454.jpg
b0159585_15445167.jpg
女将さんの投げ入れは凄いですよ!!
たった5分で投げ入れちゃいますから(笑)

店内は、カウンター7席、テーブル席4人掛け3席あります。
カウンター2席は、毎日来られる常連さん終日予約席ですから、カウンターもテーブルも予約して入らして下さいな!

では、今週のおすすめです!!

ほんじゃ、先ずは鰹のタタキです!
b0159585_14514513.jpg
タタキは、藁で炙るのが一番旨いんですが、商店街で長屋のまさるでは藁は燃やせませんので、フライパン熱してに胡麻油入れて焼きます。
焼いたら氷水に漬け込み冷まします。
厚めに刺身に切って、刻み葱、刻み生姜、刻み紫蘇、最後に茗荷のせて出来上がり~~!840円です!!
違うツマミとしてタタキに酒盗合えがあります!
b0159585_1458664.jpg
作り方は簡単です。鰹の酒盗ぶち込んで混ぜ混ぜしましょう!!

最高です!  久ぶりに菊姫3杯です!  いやいや鰹やけん土佐鶴4杯です!(笑)
因みに酒盗は、鰹の内臓の塩辛です。 鮪の酒盗も美味しいですから、一家に一瓶どうぞ!  酒盗まれます!(笑)
細めのパスタで、冷製酒盗のパスタ作っても美味しいですぜ!!

今週は、いい鮪の赤身が入ってます!
b0159585_1564177.jpg
刺身で1,260円、握り1貫250円、ヅゲで1貫300円です。
宮城は気仙沼産の鮪です。今の時期としては色目の良い、皮目に脂の乗った鮪ですね。
まさるでは鉄火巻きは、2本で840円ですが、のんべ~は1本でも注文してもかまいませんので、鉄火で日本酒飲まんへ~~!(笑)
420円で済むとよ(笑)

後、今日大将の親父、大旦那が高野豆腐の博多作ってました。
b0159585_15145363.jpg
真ん中のミンチは、ざっこ海老を叩いて作ったすり身です。
吸地八方で炊いてます。 出し8、薄口1、味醂1です。
なんで博多と呼ぶかといいますと、上と下から挟んだ高野と中の海老が、横から見たら博多帯に見えるからだそうです。
写真は1品物で840円、付きで420円です。

最後に赤貝の煮付けです!
b0159585_15321179.jpg
殻付きの状態です。
この貝は、正確には”さるぼう”と呼びます。 みなさん良くご存知の赤貝の缶詰の貝です。
赤貝ではないけれど、殻付きの”さるぼう”なら炊いたらうまいんですよ。
b0159585_15352175.jpg
付きで420円です。
こうやって、値段教えながら紹介すると少しは寿司屋も安心でしょう?
陳列の、ネタケースの中の魚の値段分からない時は、大将に聞いて下さい。
ちゃんとお答えしやす!
居酒屋さんもいいけれど、そろそろ大人の寿司屋のお勉強もいかがですか?

それではまたお会いしましょう!! チャオ!!!
[PR]
by shu-masaru | 2009-08-27 14:49 | 今日のおすすめ
たまには、まさる寿司!!
こぎゃん、旨か寿司屋のあったとね!!
b0159585_14395559.jpg
2,100円の握り寿司、2人前の盛り込みです。
赤身、天然鯛、赤足海老、シャコ、〆秋刀魚、鱧(はも)、雲丹、巻物は梅しそ山芋巻きです。
握りはこれだけですが、ツマミ(酒肴)は色々御座います(笑)

今なんか、芝海老で作った「海老のすり身揚げ」630円や、葱と刻み生姜で会えた「〆秋刀魚、もしくは〆鰯」もさっぱりしてよいですぜ!
大将は、刻んだ茗荷一杯のせた「鰹のタタキ」840円も大好きです。

最近あるお客様にお叱りを受けました。
「大将自分の店の紹介せずに、他の店の紹介ばっかりして! いかんよ!」と
そうなんです! 皆さん「ブログ見たよ!」と仰ってもお店にはお見えになりません(笑)
だけん今回、まさるの紹介からしょうと思ったばってん、尻のムズムズしてきたけんやっぱり何時も通りにやらしていただきやす(笑)

まずはお店の紹介より大将の勇士!!
b0159585_14495342.jpg
とある場所にある、大将のプライベート・ビーチです(笑)
パナマにアロハ、オレンジのハーフパンツに長崎のビーサン「雪駄」です(笑)
大将の格好も空も、夏真っ盛りです!
b0159585_14532862.jpg

大将はのんべ~で、運動不足ですので泳いではいけません!
そうです!海水浴と書くのでビーチに寝そべり、白ワイン片手に波に浸かるだけで良いのです(笑)
その証拠です!
b0159585_14565197.jpg
キリン・クラシック・ラガーにローソンの「唐揚げ君」は必需品です(笑)
隣は2,7ℓ白ワインです! 最高な海水「浴」でした!!(笑)

さて、今回大将が行ったランチは、まさると同じ銀屋町にあります、ピァチェーボレ(piaceuole)さんです。
眼鏡橋の一つ手前の袋橋の角にあります。
b0159585_1449896.jpg
b0159585_14492085.jpg
イタリアの街角にある様なお店です!(大将、イタリア行った事ないけど、笑)
オーナーシェフの今道さんは、仕入れ先の築町の茂木ば~さん達のとこでほぼ毎朝お会いします。
此間、渡り蟹一杯買っていたので、「シェフ、まさかパスタ用?」と聞いたら、「大将、そうですよ」と仰ったので「絶対食いにいきます!!」と言って今日のランチとなったのです!
陽気なイタリアンややけん明るい店内です。
b0159585_14575938.jpg
b0159585_14581570.jpg
「ボンジョルノ!!」のんべ~の大将には色んな酒がならんで堪らないんですが、今日は蟹さんやけん白ワインにします(笑)
今日のメニューはランチではなく、大将スペシャルと言う事で、前菜(アンティ・パスト)と渡り蟹のパスタです!
絶対、生ビールと白ワイン2杯で我慢すると、心に決めた大将でした(笑)
さぁさぁ前菜が出てまいりました!
b0159585_154167.jpg
「グラッチェ!!」そう大将が呟いて始まった前菜。
真ん中が「つぶ貝のトマト煮」上から時計回りに「鴨のロースト松茸のピューレ」 「レバームース・ガランマサラかけ」 「鯛の冷製燻製」 「鯖のコンフィオーブン焼き」です。
少しずつ生ビール飲んでおりやしたが、もう限界です!白ワイン1杯目です(笑)
「前菜で白ワイン1杯でたりるとやろか?」頭にそんな事が過ぎります!
冷製もローストも良いですが、個人的には「鯖のコンフィ」「レバームース」好きですね!
「2杯目の白ワイン頼んで、それが半分のところでパスタた~のも~!!」と姑息な大将!
そして2杯目半分の時に悲劇が起こりました。

「大将これ食べたことあります?」優しくシェフ1皿お出しします!
b0159585_15213346.jpg
「イベリコ豚のサラミにオリーブの酢漬けです!」
ぶっちぎりの酒の肴です!!
「ブリンダーレ!!シェフ3杯目お願いします!!」 ニコニコしながらサービスのお兄さん白ワインお出しします(笑)
「やばい、マジ旨い!」舌にイベリコの野郎が纏わりつき、それをオリーブが離します!
「真剣飲み過ぎるけん、パスタ早くこないかな?」と思ってたら丁度出てまいりました!
「あれ、皿ちっちゃいじゃん?」と大将考えていたら厨房のスーシェフ「如何しても大将に食べてもらいたいからお持ちした生秋刀魚の冷製カッペリーニです!」
b0159585_1534280.jpg
「大将、なかなかパスタが湯がけないから、それお持ちしました」シェフの顔が笑ってます(笑)
「シェフ4杯目お願いします!!!」更に笑ってます(笑)

因みにパスタに絡まっている黒いブツブツは、アンコウの肝の塩漬けだそうです!
隠し味に生からすみ入っています。
「やべ~うめ~よ!!」もう大将最高です! 昼からこんなに飲んだら人として最低なんでしょうけどやっぱ自分は最高です!!(笑)
さぁ今昼のメインデッシュです!!
b0159585_15421030.jpg
水菜に塩気の効いた渡り蟹のパスタです!!
残りの白ワインで一気に食いあげます(笑)
のんべ~仕様という事でシェフがかなり塩気を効かしてくれて「ボ~~ノ!!」です(笑)
一気に食い上げていたんですが「これ蟹解すの大変やろうは?」と思ってからは、ゆっくり食べました!
最後に甘党の大将の〆にドルチェですぜ!
b0159585_15482923.jpg
パッションフルーツとブルーベリーのパウンドケーキです!
〆に最高です!  大将イタリア人です! 外交官の黒田の気分です(笑)

こうして、またまた飲み過ぎた大将のランチは終わってしまったのさ!

チャオ~~~アマルフィーの見過ぎさ大将!!(笑)
[PR]
by shu-masaru | 2009-08-20 16:00 | 今日のおすすめ
お知らせ!
まさるの盆休み!!

        まさるの盆のお休みを16日、17日、18日、とさせて頂きます!
        更に、お盆期間中はお店が忙しい為、今週のブログもお休みさせ 
        て頂きます。
        ご了承下さいまし! 来週の木曜か金曜日に更新しますぜ!!
[PR]
by shu-masaru | 2009-08-14 15:09 | 今日のおすすめ
大将の大好きな夏ぜよ!
酒は四季折々好きぜよ!(笑)
b0159585_15272163.jpg
長崎地方も、やっと梅雨明けしましたね! 大将の夏の始まりです!
ただ波うち際で横たわり、波に洗われてツマミ片手に白ワイン飲むだけですけど(笑)
写真の握りも夏ですね! よこわに鰯に赤足にカンパチに鯒(こち)。
さっぱり系に軽やかに脂のった系など、握り手の大将もなんだかワクワクします。
渡り蟹と鱧の湯引きの盛り合わせです!
b0159585_15364294.jpg
活き物の鱧を湯引きにするとコリコリ感が違います。
蟹も、今はオスの身が締まって味噌が入ってるのが美味しいんですが、何十匹かに1匹まだ子持ちのメスもいまして、これも最高ですね。
またたまに、赤海老をかき揚げにしていますので、是非おこしくださいな!

さてさて、此間休みの火曜日は、恒例の如くランチで昼酒やってその後「長崎市、亀山社中記念館」に行ってまいりました。
その模様をお伝えしやすぜ!!

ランチは、まさると同じ中通り商店街に古くからある、岩永梅寿軒さん対面2階にありますkiitos(キートス)さんに行って参りました。
黒米ランチ 780円と、黒米カレーランチ 680円がお昼のメインです。
b0159585_14455159.jpg
2階に上がって店内に入ると、樹里ちゃんとお母さんお二人が出迎えてくれます。
大将、黒米ランチとheinekenビール頼みました!
b0159585_14512611.jpg
ご飯と味噌汁は飲んだ後にしてもらい、お惣菜で昼酒始まりです!(笑)
3つに分かれたお皿に、更にお料理がちょっとずつあるのは女性にはたまらないんでしょうけど、のんべ~にもたまりません(笑)
写真手前のグラスは既に焼酎の水割りです!
(お昼なんでロックは厳禁です(笑) )

飲みすぎます! 最高です! 焼酎4杯目です!

樹里ちゃんベッピンやけん大将飲みすぎたんです(笑)
お客様の間で、大将面食いで有名です(笑)

いや~いかん! 竜馬が「待ってるぜよ!」と伊良林から叫んでいるようです!
「そろそろお母さん! ご飯と味噌汁お願い致します!」
b0159585_156011.jpg
お母さん優しい人です! 大将が食べやすい様におむすびにしてくれてます!
(唯の、のんべ~とと思っただけかもしれません(笑) )
(いや、早くポケットに入れて帰れと思ったのかもしれません(笑) )
いや~味噌汁が五臓六腑に染みわたります!

こうしてお二人の優しさに包まれ、伊良林に向かった大将でした!

大将竜馬通りに佇みます!
b0159585_1513357.jpg
b0159585_1513468.jpg
のんべ~にはたまらない位つらい坂です!
b0159585_15143293.jpg
入り口は寺町深崇寺横に看板があります。
ひたすらまっすぐローリングしながら上がっていきます(笑)
行き先々に、地元の方の手作りの看板が色々あります。
b0159585_15255131.jpg
b0159585_15255850.jpg
しかし限界です!のんべ~には辛過ぎます!
こいつらと一緒に寝たいです(笑)
b0159585_15362336.jpg
更に
b0159585_15283521.jpg
いやいや御もっともです!頑張ります(苦笑い)
お~とそこに救世主!!!
竜馬茶屋です!!
b0159585_15304546.jpg
宇治金時ミルクかけには、やはりビールです!!(笑)
自分でも最高の1日だと思います(笑)

この真上が「亀山社中記念館」です!
b0159585_1533469.jpg
b0159585_15335823.jpg
綺麗なお庭に橋もあります。
b0159585_15372798.jpg
社中は以外に狭く、お部屋2部屋と隠れ部屋の天井がありました。
「竜馬達社中のメンバーの夢と希望がここにあったんだろうな?」と思いながら大将中に入ります。
b0159585_15414093.jpg
シックに再現されてます。
袴にブーツです!
b0159585_15424139.jpg
坂本家の家紋入り紋服です。
これにブーツなんだから洒落た方だったんですね!
大将、竜馬がいつももたれていたと言う柱に自分ももたれます。
b0159585_15464518.jpg
昼酒と坂登りで限界だけだったのかもしれません(笑)
さらにもう一丁!!
b0159585_1549371.jpg
お龍さんの月琴に竜馬の刀にピストルです。
受付のさっちゃんの話によると、オープンの日には神戸から髪を後ろに束ね、袴に刀差してピストル懐に入れやってきた強者もいらしたそうです!
(確かに強者ですね(笑) )
最後にさっちゃんが袴着せてくれました!
b0159585_1556348.jpg
「日本を今一度、洗濯いたし申し候!」そんな言ってしまいそうでした(笑)
当時の平均身長が160cm、竜馬が約172cmだったそうで、当時としたら大きな人だったそうです。
因みに大将172cm、40過ぎて腰曲がって169cmみたいです(笑) )

いや1日ですが、少し幕末の勉強しました。もっと自分の国の事を習わなければいかんと思った大将でした!

最後にくりやの優美ちゃんおまたせ!&お誕生日おめでとう!41歳!!(笑)
なにがおまたせって? 秋刀魚のバッテラだよ~~!!
b0159585_1663832.jpg
めっちゃ旨いんで皆さん!、2日前までにご予約お願いいたしますぜ!!
またね~~~!!
[PR]
by shu-masaru | 2009-08-02 15:33 | 大将日記